二重まぶたやしわ改善などで活躍するプチ整形

美容整形の世界では、皮膚にメスを入れる手術が昔ながらの方法として知られていますが、現在では医療技術の進歩に伴い、身体への負担が少ない施術が増えてきています。

メスを使わず、手軽に利用できる施術のことを、世間一般で「プチ整形」と呼ばれています。プチ整形で代表的な例は、二重まぶたを作る施術です。埋没法と呼ばれるもので、とても細い医療用の糸でまぶたを支え、二重まぶたを作り出すことが可能です。メスを使う必要がなく、施術時間が短いため、身体への負担が少ないのがメリットです。しかし、他の二重まぶたの施術と比べると簡易な方法のため、そのうちに二重のラインが薄くなったり取れてしまうことも多くあります。

別のプチ整形では、ヒアルロン酸注入施術が有名です。ヒアルロン酸は人体が元々持っているもので、医療用の安全な成分が使われていることから、副作用の心配がとても少ないことで人気があります。ヒアルロン酸注入施術でよく行われるのが、しわやたるみの除去や、豊胸施術、鼻を高くしたり、顎を作るなどです。

ヒアルロン酸は高い保水力を持ち、肌にハリを持たせる機能を持っています。この機能を利用して、様々な施術に使われています。しかし、注入したヒアルロン酸は、時間の経過とともに身体に吸収されてしまう性質を持っていますので、次第に施術前の状態に戻ってしまうことが殆どです。ですが、元の身体に戻れるという安心感があるというよさも同時に持っている、プチ整形ともいえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *