プチ整形のメリットとデメリット

代表的なプチ整形に目を二重にする施術があります。

主に埋没法が行われ、医療用の糸を使ってまぶたを2~3ヶ所固定して、二重を作ります。プチ整形には様々なメリットがあります。まず、メスを全く使わないことです。痛みを最小限に抑えることができ、傷跡が残りません。周囲から顔の形を変えたことにも気づかれにくいです。また、施術時間も短いです。プチ整形では入院の必要がありません。数分間の治療でコンプレックスが解消されます。施術後すぐに帰宅して日常生活を送ることができます。

さらに、一般的な美容整形と異なって、料金設定が安いです。1ヶ所につき3万円~5万円が相場です。一方で、プチ整形にはデメリットもあります。まず、医師の技術や経験で仕上がりに差が出ることです。顔の一部の手術を行うので、医師や病院選びを慎重に行う必要があります。カウンセリングを入念にして、自分の希望を医師にしっかり伝えることが大切です。次に、時間の経過とともに元に戻ってしまいます。

仕上がりに不満を持っている場合を除いては、せっかく解消されたコンプレックスを再び感じることになります。およそ3ヶ月~9ヶ月で元に戻るといわれます。多くの人が、効果を維持させたいと考えるので、何回も施術を行います。その都度費用がかかるので、トータルで考えると高額な手術費を払っていることが少なくありません。プチ整形は簡単に施術を受けることが可能ですが、ランニングコストが高い時には、美容整形の方がお得なこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *