目元のプチ整形の特徴

美容整形をしたい部位は人それぞれ違いがありますが、やはり目元をはっきりさせたい、より大きく見せたいと希望する人は少なくありません。

とはいえ、やはりメスを使った本格的な施術には抵抗があるという人は少なくないものです。メスを使わずに外見の印象を変えるのであれば、プチ整形も利用してみましょう。目元のプチ整形としては、特に有名なものではメスを使わずに行える埋没法での二重まぶた治療があげられます。この場合は短時間で済みますし、施術直後はある程度の腫れなどはあるものの、それでも切開したことを考えるとかなりダウンタイムも抑えることができます。

そして、埋没法の場合は切開とは違い、元に戻せるというメリットがあります。それゆえにラインが気に入らなかったという場合も修正が可能です。二重まぶたのほかで人気の高い目元のプチ整形といえば、涙袋を作る治療もあげられます。涙袋は最初からぷっくりとある人もあれば、まったく無い人もありますが、最近はより女性らしい目元にしたい、目を大きく見せたいなどの理由で涙袋を作ることを希望する人も増えています。

この場合の治療方法としてはヒアルロン酸注射が有効です。さらに目のまわりは皮膚が薄く老化が置きやすい部分ですが、こうした部位もプチ整形を行うことでかなり改善することができます。ヒアルロン酸注射などでシワやたるみを目立たなくしたり、美容機器の利用で目元にハリを与える施術なども行われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *